ひとりごと 治療についての考え方 予防医学 ブログ

保険治療は本当に安いのか?

保険治療は本当に安いのか?

整骨院、整体院で保険治療は安い、自費治療は高い。

確かに金額的にはその通りです。

が、そのお金は何のために払っているお金でしょうか?

慰安目的?

お話に行く目的?

改善目的?

人によってはその全てが保険治療で満たされることもあります。

その場合は保険治療の方が安い。

となります。

しかし、慢性化、重症化した症状の場合はどうでしょうか?

それが、改善目的の場合、

保険治療と言えば、

整骨院で電気やマッサージの施術。

※本来、慢性化した症状は保険適応外になります。

病院では手術でなければ多くの場合、痛み止めと湿布の処方。

ですが、ある一定以上の症状になると、これらの治療では改善されない状態になっています。

この、ある一定の症状とは、分かりやすく言うと、3カ月以上改善されていない方です。

軽傷であれば自然治癒力により、保険治療でも時間の経過とともに3カ月以内には改善されていきます。

一方で、慢性化、重症化している場合、

身体の歪みなどにより自然治癒力以上の負担が患部に掛かっているため、

改善が進めない状態になっている事で、3カ月以上経っても改善されません。

改善には、身体の歪みなどを正し、患部に掛かる負担を減らせる必要がありますが、保険治療や病院ではこの概念がありません。

なので、いくら保険治療が安いからと言って、整骨院に毎日通い続けたり、痛み止めと湿布をエンドレスに続ける、、

たとえそれが1回ワンコイン500円だとしても、改善目的が果たされない治療にお金を使っていることになってしまいます。。

それを1年2年3年、、計算してみてください。500円×1カ月20日=10000円×1年(12か月)=120000円×年数

これって安いでしょうか?

個人的には、めちゃくちゃ高いと思います。

言い方が悪いですが、ドブ金を垂れ流し続けているんです。

それ以上に、大事な『時間』も失っている事に気付いてください。

過ぎた時間はいくらお金を払っても帰ってきません。快適に過ごせるはずの時間がどんどん削られて行っています。

ただ、保険が良くないとか、自費治療が良いと言っているのではありません。

自費治療をしている所でも施術レベルが低い所もあります。

一概に保険は安いから、自費が高いから、で選ぶのではなく、

ご自身の状況に合わせて使い分けましょう。というお話です。

慢性化、重症化されている方のほとんどが、こんな状況に陥っているとは知らずに治療を受けられていると思われます。

少しでも正しい判断が出来る材料になれば幸いです。

しっかり検査、説明をしてくれて確かな効果を実感できる所を選んでいただければと思います。

———————————————————————————————————————

『リハビリ、整骨院、整体院で良くならない…』とお悩みの方で患部しか診てもらったことがないのであれば、

腰痛、股関節、膝痛の方はお役に立てるかもしれません。

ご相談、ご予約はLINEからお問い合わせください。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

  • この記事を書いた人

院長 谷下浩司

資格:柔道整復師、鍼灸師
経歴:尾崎鍼灸整骨院スタッフ5年
   尾崎鍼灸整骨院 分院院長5年
   谷下鍼灸整骨院開業6年
得意分野:腰痛、坐骨神経痛、股関節痛

-ひとりごと 治療についての考え方 予防医学, ブログ

Copyright © 谷下鍼灸整骨院, 2023 All Rights Reserved