ブログ

椎間板ヘルニアで脇腹が痛くなる理由と解消法

椎間板ヘルニアになり、生活をしているうちに脇腹が痛くなってきた。

ヘルニアで腰や足に痛みが出るのは知っているが、脇腹なんて痛くなるのか?

と思っていませんか?

そんな方の為にヘルニアで脇腹が痛くなる理由と解消法をお伝えします。

椎間板ヘルニアで脇腹が痛くなる理由。

こんにちは。泉大津市にあるヘルニア専門院【谷下鍼灸整骨院、整体院】の院長谷下浩司です。

今回はヘルニアにより脇腹が痛くなる理由と解消法についてお伝えしていきます。

ヘルニアとは背骨の間の椎間板に傷がつき、椎間板が飛び出した状態により、

腰から足に伸びている神経が圧迫され、痛みや痺れが出るという症状です。

そんな中、脇腹に痛みを感じる方もおられます。

それは、脇腹には腹筋である腹斜筋(ふくしゃきん)と腹横筋(ふくおうきん)という筋肉が着いているのですが、

この腹斜筋と腹横筋の役割が、

腰を安定させる為のコルセットの役割をしています。

ヘルニアになる方は背中が丸くなり骨盤が後ろに倒れている方が多いです。

このように姿勢が歪んでいると身体を支える為に、太ももの筋肉や腹筋、などの筋肉に負担がかかり、なんとか姿勢を維持しようとします。

この時に腰のコルセットの役割をしている腹斜筋、腹横筋を使いすぎることにより脇腹の筋肉が硬くなり痛みを伴います。

解消法

本来は身体のバランスを整えながら腰に負担がかかりにくくする必要がありますが、

今回はご自宅で簡単に出来るセルフケアの方法をお伝えします。

①上向きで膝を立てて横になって下さい。

②両手を万歳いた状態で、立てた膝をゆっくり左右に倒して行きましょう。

③膝を倒した方と逆側の脇腹が軽くストレッチされる感覚を感じて下さい。

軽くストレッチをされている感覚が感じられたらその位置で10秒間維持しましょう。10秒間維持したら逆側も同様に行って下さい。

腹斜筋(ふくしゃきん)は身体を捻る時に使う腹筋になりますので、腕を上げながら行うことで効果的に腹斜筋にストレッチを加える事が出来ます。

【ストレッチを行う際の注意点】

◯ゆっくりとあくまでも軽くストレッチが掛かっていると言う程度で構いません。

筋肉はゆっくりとストレッチを加えないと、急にストレッチをしてしまうと逆に縮こまってしまいますのでお気をつけください。

◯上向きやストレッチをする事で痛みが出る場合は控えて下さい。

◯ストレッチを終え起き上がる時は横向きになってから起き上がって下さい。

真っ直ぐ起き上がるとヘルニアの痛み悪化させる可能性があります。

上記の3点に気をつけてゆっくりと継続して行ってみて下さい。

痛みは筋肉が硬くなる事によって出ていますので、効果的に軽くストレッチをしてあげる事で、痛みを緩和させる事が出来ます。

まとめ

今回の内容をまとめると

ヘルニアで脇腹が痛くなるのは腰のコルセットの役割をしている腹斜筋(ふくしゃきん)の使いすぎ。

ヘルニアになる方は身体のバランスが崩れてしまっている

脇腹の痛みの軽減には軽いストレッチが有効

ヘルニアを治すには身体のバランスを整える事が必要

以上になります。

症状が強い方は身体の専門家である先生に診てもらいましょう。

追記

ヘルニアを本気で改善したい方はヘルニア専門院【谷下鍼灸整骨院、整体院】へ

ヘルニアになると手術しかない。

そう思っていませんか?

ヘルニアになるにも必ず原因があります。

今まで、痛み止め、注射、マッサージ、矯正などを受けられて改善しなくても諦める必要はありません。

それは根本的な原因にアプローチが出来ていないだけです。

当院はその場しのぎの治療ではなく、原因にアプローチし、根本な改善を行っています。

  • この記事を書いた人

院長 谷下浩司

資格:柔道整復師、鍼灸師
経歴:尾崎鍼灸整骨院スタッフ5年
   尾崎鍼灸整骨院 分院院長5年
   谷下鍼灸整骨院開業5年
得意分野:腰痛、坐骨神経痛

-ブログ

Copyright © 谷下鍼灸整骨院, 2021 All Rights Reserved